Information

2015-09-09 16:55:00

皆様、こんにちは。更新が随分と滞っている間に、すっかり秋風が吹き始めました。この季節になると、なぜか無性に梨狩りに行きたくなる私です。大きな梨をキンッキンに冷やしてガブリ!!!

あぁ、梨も柿も葡萄も最盛期の秋です。

さて、今日はリベルテの定番メニューの一番!シェフのスペシャリテのお話を少し。リベルテフリークの皆様はここでお話する間でもなく、シェフのスペシャリテはお召し上がりになったことがあるかと思います。私が初めてシェフのお料理と出会い、そして一番感動したのもこのお料理でした「マグレ鴨のロースト」。

元々鴨は大好きでしたが、今でも忘れられない一皿です。

鴨は、フランス語でCanard(カナール)と言いますが、よくお店で、「マグレ鴨」とか「フランス産バルバリー鴨」とか書いてありますが、マグレ鴨(Magret de Canard)は、フォアグラをとる為にガバージュ(強制肥育)した鴨のお肉を「Magret de Canard」と呼びます。要は、フォアグラは肝臓ですので、肥育すること(太らせること)によって、より脂がのり、美味しくなると言われています。フォアグラを取った後の胸肉ですので、肉自体にもフォアグラの香りが移っており、とても芳醇なコクと香りが特徴です。種類としては、「ミュラー種」の鴨が多いようです。ちなみに「バルバリー鴨」と言うのは、バルバリー種の鴨、と言う意味で、日本に輸入されているフランス産の鴨は、この「バルバリー種(Canrd de Barbarie」が多いのだとか。他にも「シャラン鴨(Canard Challan)」と呼ばれるものなど、大きく分けると4種類程にもなるようです。

この鴨のお肉をじっくりと時間をかけて、シェフは、火を入れていきます。火入れは料理人の命と言われますが、素材の味を生かすも殺すも火入れ次第です。どんなに高価で希少な食材を使っても、火が入りすぎてしまえば美味しくありませんし、火が入らなさ過ぎても同じく美味しく頂くことはできません。よく、リベルテでも「メインは30分程お時間がかかりますので、お早めにご注文下さいね」とお願いしていますが、それは、じっくりと火を入れては休ませ、休ませては火を入れて・・・と言う過程を経、一番美味しい状態でメインをご提供したいとの思いからなのです。

カウンターの一番端っこ、厨房がのぞける位置に一度座ってみて下さいね。きっとシェフがお肉をオーブンに入れては、出し、置いておき、またオーブンに入れ、たまにつついてみて・・・またお肉を置いて・・・を延々と繰り返している姿を除くことができると思います。

ジビエの美味しい季節になって参りました。今日もリベルテは、美味しいお料理とワインをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

 

。・.*・☆。゜・。・☆*・。.゜*☆・。゜・・。*☆・。.゜・*。・☆・゜。・.☆.・。

ワイン&欧風料理 リベルテ 

ランチ;11:30~14:30(14:00OS)

ディナー;17:30~23:00(22:30OS)

詳しくはお問合せ下さい。092-263-7756 

  

 

 


2015-05-30 14:36:00

今日は、生憎の雨模様ですね。雨が降る前って、雨の匂いがしますよね。私は気圧の変化についていけないので、雨が降る前は、頭痛がします。(だから天気予報頭痛持ちとよく言われる(笑))雨が降る直前の独特のあの匂いは、なんだか少し切なくて、懐かしい匂い。遠い記憶の中にある子供の頃の夏休みを思い出すような、そんな懐かしくて切ない気持ちになります。アスファルトの匂いだと言う人もいるけれど、私は絶対にあれは、雨の匂いだと思う。(笑)

さて、雨の日は何となく体調が優れなかったり、ほんの少し憂鬱な気持ちになりますが、そろそろが飛ぶ時期ですね。皆様、蛍って見たことありますか?・・・とアホな質問をしますが、つい先日一足早い蛍が1匹、ふわふわと飛んでいるのを見た時、「うわぁ。蛍、初めて見た!!!」と言われ、「・・・ふつうそうなの?!」と心の中で呟いたのは秘密です。意外と、蛍を見たことがない方って多いのかな・・・と思います。

蛍の仲間は世界中で約2000種類、日本では約40種類が生息。日本で観賞できる代表的なものはゲンジホタル・ヘイケホタル・ヒメホタル。成虫はゲンジホタルの方が少し大きく発光も強めなんだそうです。 丁度今くらいの時期、綺麗な水辺で蛍が見られます。福岡で蛍が見られるのは、5月終わりから7月くらいまででしょうか。しかもその中でも夜7時~9時頃で、月明かりがない・雨上がりで湿度が高い・風がないなどの条件が揃った時が活発に活動しやすいのだそうです。これは、皆さんご存知かもしれませんが、蛍の光はオスとメスが出会うための合図で、オスは光を発しながら飛び回り、メスは草や木の葉の上で弱く光ります。お互いを見つけて両方が強く光れば婚約成立です。実は、蛍の成虫期間は約1~2週間。この間、エサを食べずに夜露だけで過ごしてパートナーを探します。そして、繁殖が終わると死んでしまいます。それを知った時は、「なんて情熱的な!」と驚きました。本当にピークで条件が揃った時には、数千、数万かとも思われる蛍が舞い飛ぶ様は、何とも言えず幻想的で、心癒されます。

丁度、今日の雨が夜までに上がったら、蛍狩り日和かもしれませんね。ちなみにこの「蛍狩り」と言う言葉、何とも言えず趣がある日本語ですね。「狩る」といってもホタルを捕まえることではありません。「狩る」という言葉には、動物を捕まえるという意味のほかに、「紅葉狩り」などと同じく季節の風物を楽しむ、鑑賞するという意味があります。また、「蛍」ですが、元々の語源は、あの有名な映画の表記と同じ「火垂る」や「星垂る」からきているそうです。きっと昔の人は、蛍が飛ぶ様をみて、「火」や「星」が飛び回っているように見えたことからこのような言葉を造ったのかな・・・と想像を掻き立てられます。

福岡では、那珂川町でも蛍狩りができるようですよ。蛍の幻想的な美しさに癒された後は、どうぞリベルテで、蛍の余韻を楽しみながら、ワインを傾けてはいかがですか?身体を癒してくれる優しいお料理とワイン、そしてほっとできる空間をお作りして皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 (※画像はイメージです)

。・.*・☆。゜・。・☆*・。.゜*☆・。゜・・。*☆・。.゜・*。・☆・゜。・.☆.・。

ワイン&欧風料理 リベルテ 

ランチ;11:30~14:30(14:00OS)

ディナー;17:30~23:00(22:30OS)

詳しくはお問合せ下さい。092-263-7756 

  

 

 


2015-05-26 00:11:00

最近、すっかり夏の空の様な日が続きます。女性の皆様、この時期の紫外線は特にお肌に沁みこみやすい(!?)ですので、今からUV対策が欠かせませんね。また、周りを見渡すと田んぼにも水が入り始め、いよいよ田植えの時期です。早い地域では、もうすっかり田植えが終わっているようですよ。え?周りに田んぼがないですか?(笑)

さて、先日の23日(土)は、春のバルウォーク、なんと198名様ものお客様にお越し頂きまして、誠にありがとうございました。毎回参加させて頂く度に思うのですが、これだけたくさんのお客様にお越し頂けること、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。毎回毎回、何をお出ししようか・・・と頭を悩ませるのですが、これも嬉しい悲鳴(シェフは、本当に頭を悩ませていますが・・・)です。

行き届かない部分もあったかとは思いますが、ほんの少しでも「リベルテ」のお料理、そして空間を楽しんで頂けたなら幸いです。

今日からまた、気持ちを新たに!!!「沢山のお客様にお喜び頂けるお店」造りに取り組んで参りますので、どうぞこれからも「ワイン&欧風料理 リベルテ」をどうぞ宜しくお願い致します。・・・気持ちは新たになりましたが、身体がついていかないのは、秘密です(笑)いつもお越し頂いているお客様はもちろん、今回の春のバルウォークで「初めて知った!」と言うお客様、また是非お越し下さいませ。季節に合わせたお料理をシェフが腕によりをかけてご用意致しております。目印は・・・もう皆様ご存じの「博多署の斜め前、お好み焼きのむらしまさんの二階。赤い扉が目印」です。

さてさて、田植え間近のこの時期、いよいよ最後になってくるのが「早生キャベツ」です。甘みの強い春キャベツの一番乗りでしょうか。もう少しすると終わりを迎える「早生キャベツのブレゼ。しらすと自家製ベーコンを添えて」とっても甘い早生キャベツにたっぷりのしらすと厚切りの自家製ベーコンの塩味がピッタリです。シャキシャキ感が少し残る甘い早生キャベツは、今だけ!のメニューです。・・・ただ、キャベツがかなり大きいです(笑)基本的にお野菜大好きなので、個人的にはとっても嬉しいのですが・・・シェフ、これ1/8カット位ありますよね??・・・どうぞ皆様、何人かで楽しく美味しくシェアしてくださいね★暑い日も増えてきたこの時期。早生キャベツとすっきり辛目の白ワインはいかがでしょうか?

このキャベツ、実は栄養価もとっても優れもの!ビタミンA、B1,B2,B3,B5,B6,B9、C、カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛...などですが、中でもビタミンCがずばぬけて豊富で、大き目の葉二,三枚で大人が一日に必要とするビタミンCをカバーできるそうです。ビタミンCを多くとれるということは美肌効果や疲労回復、そして風邪の予防にも役立ちます。この時期、紫外線が強くなってきてお肌が気になる方にも、昼と夜の気温変化で体調を崩しがちな方にも食べて頂きたいピッタリのメニューです。キャベツの食物繊維は、便秘を改善するだけでなく腸内環境を良好に保ち、大腸がん、高血圧、動脈硬化、糖尿病、肥満などの病気に効果のあることも判明しているそうです。

早生キャベツが終わったら、終了メニューです。是非お早めにお召し上がり下さいね★

。・.*・☆。゜・。・☆*・。.゜*☆・。゜・・。*☆・。.゜・*。・☆・゜。・.☆.・。

ワイン&欧風料理 リベルテ 

ランチ;11:30~14:30(14:00OS)

ディナー;17:30~23:00(22:30OS)

詳しくはお問合せ下さい。092-263-7756 

  


2015-05-23 11:48:00

今日は、生憎の曇り空ですね。いよいよ今日は2015春バルです★

今回もリベルテは、「屋根裏ビストロ リベルテ」として参加しています。そしてそして!!!!前回のローストビーフに引き続き、今回も!!!リベルテ名物ガッツリメニューをご用意致しました。

今回は、なんと「ジャンボン・ショー」です!「え?なにそれ?!」「そんなメニューあったっけ??」とお思いの皆様、ありました!(笑)「ジャンボン(Jambon)」とは、フランス語で「ハム」のこと。そして「ショー(shaud)」とは「熱い」や「温かい」と言う意味です。熱いハム!?・・・そう!自家製厚切りロースハムのステーキ♫です。

ロースハムのレシピからシェフのオリジナルで、すべてシェフの手作りです。リベルテフリークの皆様は、一度は口にしたことがあるはず。前回のローストビーフから「次は、何をお出ししようか・・・」と悩みに悩んで(ローストビースでやりつくした感があったようです(笑))、「これしかない!」とある日シェフが決定したのが、この「ジャンボン・ショー」でした。シェフの自慢の一品だからか、牛の後は豚だろう!と思ったのかは、不明ですが・・・。おそらくシェフの自信作だからかなぁと勝手に思っています。

さてこの厚切りロースハムのステーキ。じっくりと時間をかけて仕上げたロースハムをステーキで。もう出てきた時から、美味しい豚の脂がじわじわと。大きめカットで口の中に入れると、ハムにすることで閉じ込められていた旨味がじゅわーと口の中に広がります。ここで!!!軽めの赤!でもいいし、フルーティーだけれどしっかりとした白を一口。「うまーい!!!!」と思わず叫びます(笑)

あー。書いていると口の中が・・・よだれ、よだれ・・・。

ちなみに、二口目は、是非付け合せの「クリームマッシュポテト」を乗せてお召し上がり下さいね。去年の秋くらいから流行っているトロトロクリーム状のマッシュポテトです。これがまた、ハムの旨味を包み込んで、とろける美味しさ!お味が変わりますので、是非お試し下さい。

春バルご参加の皆様、よだれを拭いて是非「屋根裏ビストロ リベルテ」へお越し下さいね。本日15時からのスタートです★シェフも、新人キイチも皆様をお迎えする準備に余念がありません!また、バルウォークのチケットをお持ちでないお客様、本日は、通常メニューのご用意が出来かねますので、ご了承下さいませ。

それでは一期一会。

沢山の皆様との出逢いに感謝し、お会いできることを楽しみにお待ち申し上げます。

 (※目印は、博多署近くの赤い扉ですよ)

。・.*・☆。゜・。・☆*・。.゜*☆・。゜・・。*☆・。.゜・*。・☆・゜。・.☆.・。

ワイン&欧風料理 リベルテ 

本日5月23日(土)は、春のバルウォークに参加しています。

15:00~24:00まで。限定200食!今回は、お店でも大人気の「ジャンボン・ショー」と

とろとろクリーミーマッシュポテトを添えて。

時間帯によっては、お待ちいただく場合もございますので、ご了承下さいませ。

詳しくはお問合せ下さい。092-263-7756 

 


2015-05-18 18:11:00

皆様こんにちは。またまた随分更新が滞っている私です。

今日は、久しぶりの雨模様。雨の日って、何となく気分が憂鬱になりますよね。私は特に気圧の変化についていけないタイプ(どんなタイプ?)なので、雨が降る前には、頭痛がひどくなり、なーんにもヤル気がなくなります。え?更新が滞っていた言い訳ではないですよ(笑)

今年も異常気象でしょうか。もうすでに台風一過と言うことで、「5月に台風!?」とビックリしました。

・・・とはいえ、福岡には全くかすりもしなかったので、「本当に台風来てるの!?」なんて思っていましたけど・・。これからジメジメ梅雨の時期がやってきて、あっつい夏になりますね。

そうそう、福岡市内ではもうビアガーデンがスタートしたところもあるようですね。

さて、今日は、リベルテの定番メニューの中から、私が大好きなメニューの一つをご紹介しようと思います。毎回、新作のご紹介ばかりだと「うちは、定番メニューも旨いのに!」とシェフがムッとするので(笑)リベルテフリークの皆様は、もちろんご存じの「キャロットラペ」です。

マスタードの風味が抜群に効いたチキンの上に甘酸っぱいキャロットラペがたっぷりです。「ラペ」とは、フランス語で「すりおろす」と言う意味で、フランスの家庭では、ほぼ100%、チーズおろし器の大きい穴で人参を摩り下ろして作ります。作り方は、このチーズ・グレーターで人参をすりおろして、ビネグレットとあえるだけ!(リベルテのキャロットラペは、シェフオリジナルレシピがありますが・・・)どこかほっとする優しい味の「キャロットラペ」。人参の甘みとビネグレットの酸味が、最高です★

そしてこのキャロットラペの材料の「にんじん」には、栄養価がたっぷりなんです!かぜなどの細菌感染の予防や血圧を低下させる効果があることも知られていま す。また、カロテンに抗ガン作用があるともいわれています。これはビタミンAが、体内の物質の酸化や変質を防ぐ働きがあるからです。また、にんじんに含まれているリボフラビン(ビタミンB2)や葉酸にも 、抗ガン作用がありますので、毎日食べていれば、ガンの予防に効果を発揮します。人参に含まれるビタミンAは、夜盲症(トリ目)を改善し、視力の強化に役立ちます。また、肌をなめらかにする効果があるので、乾燥肌の人や皮膚の角質化が気になる人も、にんじんジュ ースを愛飲すると良いでしょう。ビタミンAと鉄分は造血作用を促進させ、血行をよくするので、貧血ぎみの方は 、たくさん食べるようにすると良いでしょう。冷え性の方も、常食すると体が温まる効果を得られます 。にんじんの補血効果は、虚弱体質の人や疲労回復にも効力を発揮します。

ただし、多量に食べすぎる と、手や顔が黄色くなることがあるので注意して下さい。

・・・大量に食べ過ぎると蜜柑のように手や顔が黄色くなるなんて・・・。気をつけましょう。。

さて、このキャロットラペ。合わせるならば、よーく冷えたすっきり目のスパークリングワインかシャンパーニュでいかがでしょう。少し刺激のあるチキンと甘酸っぱいキャロットラペ、そして辛口のシャンパーニュで乾杯★してからお食事をスタートさせてみてはいかがでしょうか?これまた蒸し暑くて忙しかった日には最高のご褒美ですよね。

「とりあえず生ビール」と枝豆もいいけど、「とりあえず」キャロットラペとシャンパーニュ。ぐっと株が上がりそうですね。

リベルテの定番メニューにも魅力的なものを取り揃えております。シャンパーニュをキンキンに冷やして、皆様のお越しをお待ちいたしております。

。・.*・☆。゜・。・☆*・。.゜*☆・。゜・・。*☆・。.゜・*。・☆・゜。・.☆.・。

ワイン&欧風料理 リベルテ 

ランチ;11:30~14:30(14:00OS)

ディナー;17:30~23:00(22:30OS)

詳しくはお問合せ下さい。092-263-7756 

 

 



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...