Information

2015-09-27 18:23:00

シルバーウィークが終わったと思いきやすぐに週末で、ウンザリ気味の私です。皆様、昨日・今日とでシルバーウィークの疲れは取れましたでしょうか?

さてさて、今日は、中秋の名月、十五夜です。今やコンビニでもお月見団子を売っている時代ですが、心地よい秋風を感じながらお月見は、いかがでしょう?この「お月見」と言う文化ですが、元々は、夏の作物の収穫もほとんど終わって、稲刈りをするまでの手のあく時期に、稲の豊作を祈る祭りを行ったことが始まりとされています。(稲の豊作祈願ではなくもともとは芋類の収穫祭、すなわち畑作儀礼だったと考えられているという説も)、実際には正確な起源はわかっていません。元々は里芋をお供えしていたものが、転じて現在はお団子になったと言われています。また、お隣の中国ではかなり古くから「望月(月を見る催し)」という行事があり、それが平安時代に遣唐使によって伝えられたものが日本で広がったとする説もあります。平安時代、貴族などの間で観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなく船などに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)で歌を詠み、宴を催していたのだとか。何とも風流で日本的な楽しみ方ですね。平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだのだそうです。ちなみに、ヨーロッパでは、秋分の日に一番近い満月を「収穫月」と呼び、その次に巡ってくる満月を「狩猟月」と呼び祝う風習があるそうです。
日本でも秋分の日に近い旧暦8月15日に「中秋の名月」を祝い、その次の満月の2日前にあたる旧暦9月13日に、「後の月」とか「十三夜」と呼ぶお月見をしてきたというのはヨーロッパとも共通するわけで興味深いなぁと思います。

今年は中秋の名月の翌日、9月28日は「スーパームーン」ですね。ちなみに最近よく耳にするスーパームーンとは、占星術からきた言葉で、軌道中で地球に最接近した新月または満月。即ち、地球と月と太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態のことを指すのだとか。明日は、大きなお月様が見えそうですね。

秋の夜長にのんびりとお団子もいいですが、リベルテでワインを傾けながら綺麗なお月様、いかがでしょう。素敵なひと時をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

※画像はイメージです。

。・.*・☆。゜・。・☆*・。.゜*☆・。゜・・。*☆・。.゜・*。・☆・゜。・.☆.・。

ワイン&欧風料理 リベルテ 

ランチ;11:30~14:30(14:00OS)

ディナー;17:30~23:00(22:30OS)

詳しくはお問合せ下さい。092-263-7756